カジノを舞台とした映画が数多く制作されています。スリルあふれるギャンブルやカジノの様子は見ていてドキドキするもの。人気俳優が手に汗握るギャンブルゲームで勝負する様子には惚れ惚れします。それに、こういった映画の舞台となったカジノに実際に行ってみたくなりますよね!ラッキーなことに、カジノをテーマとする映画の大半はラスベガスのカジノで撮影されているんです。

ラスベガスには素晴らしい人気カジノが大通り沿いにずらりと並んでいます。それぞれのカジノには長い歴史があります。ゲームフロアは多くの来場者で賑わい、カジノの建物自体の芸術性も一見の価値があります。だからこそこれらのカジノは映画撮影のロケーションに選ばれているのです!

今回は、多くの有名な映画が撮影されたカジノをご紹介します。ラスベガスに行く機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!

ザ・ミラージュ:

ザ・ミラージュはラスベガスで人気の高い最も豪華なカジノの一つです。1997年に公開された『ベガス・バケーション』の舞台で、ギャンブラーたちに人気のカジノです。『ベガス・バケーション』の主役はチェビー・チェイスで、彼を中心にストーリーが展開していきます。ザ・ミラージュを訪れた彼は、そこでギャンブルへの情熱を見出します。この豪華カジノはラスベガスの人気観光スポットで、3千室の客室を誇る豪華ホテルが併設されています。とても広いゲームフロアと多種多様なゲームオプションが用意されています。

ザ・ベラージオ:

ザ・ベラージオもラスベガスで人気の高いエレガントなカジノで、ラスベガスを代表する施設となっており、ポーカープレイヤーたちに大変人気があります。このカジノは『オーシャンズ11』の舞台で、強盗グループが一大強盗計画を繰り広げる舞台になりました。ザ・ベラージオのカジノは目にもまばゆい豪華なイタリア風のインテリアが特徴で、その現実離れした美しい構造や、息を呑むような素晴らしい噴水でラスベガス一の有名カジノとなっています。

シーザーズ・パレス:

シーザーズ・パレスもラスベガスで最も有名なリゾートの一つです。ここは2009年公開の『ハングオーバー!』という映画で使われました。楽園をテーマとしたカジノで、大通りの西側に位置しています。世界中のギャンブラーたちが訪れるこのカジノは、築51年以上の伝統ある施設で、訪れるすべての人に時間を忘れさせるようなゲーム体験を提供しています。

プラネット・ハリウッド・リゾート&カジノ:

プラネット・ハリウッド・リゾート&カジノはブラックジャックのプレイヤーの間で人気があります。この美しいカジノは映画『ラスベガスをぶっつぶせ』の舞台となりました。この映画は、マサチューセッツ工科大学の学生たちがラスベガスを訪れ、ブラックジャックのゲームテーブルでカードカウンティングの技を試すというストーリーです。プラネット・ハリウッド・リゾート&カジノには何百台ものスロットマシンと数々のゲームテーブルがあり、プレイヤーたちに究極のギャンブル体験を提供しています。

まとめ:

ラスベガスは世界最高のカジノの街ですが、ギャンブル関連の映画はここだけで撮影されているわけではありません。他にも舞台となった世界中のカジノをご紹介したいと思いますので、お楽しみに!

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments